こんにちは小豆島

ご無沙汰しております。今年も梅あります。 2019年8月5日 掲載

  毎年の恒例行事である梅仕事。
今年は6月が終わる頃に漬けました。

今まで1度も失敗したことのない梅仕事。今回も梅酢がしっかりと上がっていたので大丈夫と安心していたら、なんと、そのあとカビが生えていたのです。すぐに取り除き、赤紫蘇を用意しなくてはと思っていたところへ、運良く赤紫蘇が手に入りました。本当は、梅の味が感じられる白梅が好きなのですが背に腹は変えられない。今年は2回仕込んで2瓶あったので、1つは白梅でいくことに。あ~よかった。

遅めの梅雨が明けて、気がつけば夏。
今年の夏はジリジリと陽射しが強く、痛いと感じるほどに強気な夏。梅を干すにはもってこいの陽気だ!と、赤紫蘇入り、白梅と3日ずつしっかりと干すことができました。

干しては夕方に梅酢に戻すのですが、どうしてもこわれてしまう梅もいくつか出てきてしまう。そんなときは、汗もたくさんかいているのでちょっと味見。何年か置いて角がとれた梅も美味しいのですが、フレッシュな梅干しもなんともたまらん!今年はこわれ梅とカットしたトマトとを和えて、トマトのアチャール(漬物)にしてみたら、これまたなんとも言えず美味しく、スパイスを使ったカレーを作るときは、必ず作ろうと思うほど気に入ったのでした。

大塚 智穂

赤紫蘇いりの復活梅干し!

白梅もあるよ。

トマトと梅のアチャール(漬物)がなんともいい仕事するんですわ…

小さな小さなイワシの梅煮。梅を1ついれるだけで、サッパリ私好みの味になる。