こんにちは小豆島

柿柿柿 2019年10月29日 掲載

小豆島の秋は行事も多く、あっという間に過ぎていく。

去年は不作だった柿が、今年は豊作とのことで、あちこちからいろんな柿をいただくことができた。

・甘柿(普通の甘い柿)

・合わせ(焼酎でしぶを抜いたしぶ柿)

・じゅくし(完熟した柔らかいしぶ柿で驚くほど甘い)

・しぶ柿(干し柿用)

はあ~、ありがたや~。

 

島に来る前(2012年来島)は、私は柿といえば「固い甘柿」しか口にしなかった。固ければ固い方が良い。柔らかい柿は苦手で、少しでも柔らかい物には一切手をつけなかった。(ただし、私の母ちゃんはどんな柿でもどんとこいで、固かろうが柔らかかろうが、すごい数の柿を次から次へと口へ放り込んでいた。)…が、ここ最近は嗜好が変わったのか、合わせ(焼酎でしぶを抜いたししぶ柿)の少し柔らかいものが「上品なスイーツ」のように感じられて好きになった。本来、種にあたる部分がゼリー状になっていて、なんとも言えない食感でたまらないのだ。

今年は干し柿ができるかな…と思っていたら、思いがけないタイミングでしぶ柿をいただいたので、ちびすけの寝てる合間に38柿干すことができました。

○○仕事。
秋から冬にかけて沢山あるので、今年は時間を作って楽しもうと思います。

大塚 智穂

久しぶりのしぶ柿ちゃん。

今回は38柿

とれたてルッコラと甘柿&自家製セミドライ無花果のサラダ